スポンサーリンク

株のナンピン買いとは?知らないと絶対に損する買い方を学ぼう!

株のテクニック術!
こんにちは!ミナティーでーす!今回はナンピン買いについて解説していきます!ナンピン買いの仕組みから失敗しないコツまで紹介していきます!
ミナティー
ミナティー
ナンピン買いは私の見解としては、勝率を高める買い方であると言えます。ただ、批判的な意見もたくさんあったりします。
ゆうき
ゆうき
聞いた事あります!『下手なナンピン、スカンピン』ですね。下手なナンピンしていると資産がなくなりますよっていう格言ですね!
ミナティー
ミナティー
こういう格言もありますが、私はこれには否定的な考えを持っています。それを今から解説していきます!では、今日のポイントを見ていこう!
今回のポイント


①ナンピンは平均取得単価を下げる買い方

②ナンピンは損切りライン、プラスに転じる株価のラインを下げて、勝率は高める

③失敗しないナンピンの仕方

ミナティー
ミナティー
今回はこの三つのポイントを確認していきます!では、早速ナンピン買いとは何かについて話していきますね!

①ナンピン買いの仕組みについて

ナンピン買いとは、ある株価で買った時よりも値段が下がった時に更に買い増しをする買い方である。そして、平均取得単価を下げて利益を出しやすくする買い方です!これだけだと分かりづらいので図で説明します!

ナンピン買いの具体例から見ていく

ナンピン買いの具体例の画像
今回は上の写真の例を見ていくとする。例えば、この上の写真の銘柄を買う時にまず600円で200株買いました。買った後にも株価は落ちていき500円まで落ちました。そして、下がってきて500円になったタイミングでナンピン買いしてもう一度200株の注文を入れます。

500円のナンピン買いを入れた事で平均の取得した株価が(600+500)÷2=550になり、平均取得単価が600円から550円に落ちました。これにより、株価が601円まで上がらないとプラスにならなかったものが551円まで上がればプラスになる位置まで下げられた事になります。
ゆうき
ゆうき
平均取得単価を下げるのはかなり有効な手段ですね。色々な場面で使えますね!
ミナティー
ミナティー
その通りで例えば、打診買いから下がった時にナンピン買いをすることで勝つことがたくさんあります。今からナンピン買いがどうして勝率を高めるのかについて解説していきます!

②ナンピン買いは勝率を高める買い方である理由

どうしてナンピン買いが勝率を高める買い方である。理由としては上のプラスに転じるラインを下げるのに加えて、損切りのラインを下げるためであります!
ポイント

ナンピンは損切りのラインを下げる買い方であるため!

ナンピン買いの具体例
もう一度上の例を参考に見ていきましょう!仮にあなたの損切りラインが−4万までだと仮定します。そしたら先ほどと同じように600円で200株、500円で200株買う場合の損切りラインの株価は450円になる。それに対して下の写真の600円の時に400株買う場合を見る。
600円で400株買う場合の損切りのラインは上の写真を見ると分かる通りに500円が損切りラインになっている。ナンピンした時には損切りラインは450円になり、普通にある一点で全力で買うよりも損切りのラインが低くなるために勝率が高くなる。損切りのラインが下がるとその分下げに耐えられる事にもなり、株価の反発が取りやすくなる。この事からナンピン買いをオススメしてます!

上は簡単なナンピン買いを紹介しましたがナンピン買いは何回にも分けてできます!株価はいつかは必ず反発するものです。ナンピンして下げに我慢すればするほどチャンスは回ってくるという事です。
ゆうき
ゆうき
確かにこの今の例からも分かる通り、明らかにナンピンした方が勝率は高そう!やはり、損切りラインを下げて反発まで耐えられるようにして、更に反発した時も平均取得単価を下げているためにプラスに転じる株価が低くなっているので利益も出しやすいですね!
ミナティー
ミナティー
その通り!普通にある株価で全力買いするよりも勝率は飛躍的に伸びる!普通の買い方よりは絶対にリスクが少ない買い方であると言える。ただ、デメリットもあります。

デメリットは利益が少なくなる可能性がある。

デメリットとしてはここであります。仮に600円から大きく予想通り上がっていった場合に600円で全力買いした場合の方が利益が多いところである。勝率を上げる買い方であるが、最初に買ったところから普通に予想通り上がってきた時の利益が減ってしまうデメリットがあります。なので、使い分けが必要である!
使い分けのポイント

これは絶対にいけるとかなり自信がある場合→全力買い


ちょっとエントリーが微妙と感じる場合→打診買いからのナンピン

ミナティー
ミナティー
使い分けはこんな感じです。これはもう確実にチャンスと感じた場面は攻めていくべきであり、全力買いでいきましょう!

③ナンピン買いの失敗しないやり方

失敗しないやり方としては、ナンピンするタイミングと損切りするタイミングを事前に決めて守る事が大事です!ナンピンする時もちゃんとルールを自分で決めておかないといざ下がってきた時に焦ってしまい、判断が鈍ってしまうためです。人間は株価が下がってきていると冷静さを失いがちである。事前にしっかりとナンピンするタイミング、位置、損切りのラインの想定を持ってやりましょう!


もう一つは使い分けですね。先ほども紹介しましたが使い分けを間違えると利益が半減したりするので絶対に気を付ける事が大事です。ここができるようになると本当に強いのかなと思います!
ポイント

・きちんと事前のルール(損切りやナンピンするポイント)決めが大切である


・使い分けで利益を逃さないようにする

ゆうき
ゆうき
しっかりと事前のルール決め、そして利益を逃さないための使い分けが大切ですね!
ミナティー
ミナティー
素晴らしいです!本当にナンピンは結構色々な意見があり、批判的意見もありますが、こうやって見るとナンピンってすごく強いですね!
ミナティー
ミナティー
ナンピンの大切さが分かってもらえたら嬉しいです!ご精読ありがとうございます!

コメント