スポンサーリンク

ストップ高までいく銘柄の特徴とは?Aimingから見えた事!

チャートの画像 株のテクニック術!

こんにちは!ミナティー でーす!今回も前回のブイキューブに引き続き2月18日のAimingの一時ストップ高までいったものを見ていきましょう!この時、私は実際に板を見て、さらに録画もしてました!録画も全部していていた訳ではないですが、上がっていくところは取れているのでそちらも提供していきます!では、早速見ていきましょう!

Aimingの急騰前の状況について

ストップ高にいったAimingの日足の画像

見ていく陽線としては、真ん中の陽線の所です。まず、Aimingは好材料銘柄として、三日連続で寄り付く事なくストップ高になる。材料としてはゲームのドラクエの共同開発パートナーとして参画している事が材料となり、上昇しました。寄り付いてからは出来高を伴った陰線が続いてきた形ですね。ここら辺で押し目で狙っていけた事がわかる。あと、この機関はコロナが流行っていた(2020年2月25日現在も)事もあり、こういった好材料銘柄に資金が集中しやすかった背景もあります!

出来高がある程度伴っているところに注目!

チャートを見たらわかる通り、出来高をある程度伴って下がってきてます。出来高が伴っているという事は上で掴んだ人の玉や利確の玉がしっかりと処理された事を意味します!この時は機関がわざと売り板にして下げていました!下の写真の機関の空売り動向を見ても2月13日と2月14日に機関が空売りを強めているのが確認できます!基本的には機関投資家に相場を支配されているので、機関の流れには逆らえません。なので、株価落ちました。そして、ここで個人投資家がやられていきました。

機関投資家の動きの画像

上がる直前の陰線にも注目していきたい!

ここの陰線が上がる時の陽線よりも明らかに下がっているところに注目して欲しいです!ここで今度は機関が買いを仕込んでいた可能性があります。わざと売り板にして個人に売らせて自分はそれを買い集めるような流れになっていた可能性があります!ただ、これに関してその時に板を見てないとなかなか判別ができないので、難しいのですが可能性があったという事だけ今は念頭に入れておいてください!

個人的に狙った理由はシンプルでした

これは事前に注目銘柄として入れていたのは、こんだけ上がっていて押し目がまだ来てないし、出来高もまだまだあるので狙っていきたいなと思ってました。やはり、一度こんだけ上がって銘柄は強いです!押し目を狙っていく頃合いだなと思って狙っていこうと思ってました!ただ、当日の板次第ではありました。

当日の動きを見ていく

日中足を見ていく

今度は当日の動きを見ていきます!まずは、チャートを見ていきましょう!特にチャートも印象的でした。最初のこのストップ高までいった流れを今回見ていく!最初の2本の上ヒゲに注目ですね!

ストップ高にいったAimingの日中足のチャートの画像

まず、ここの上ヒゲ2本のところでは、500円より下で大きい買いが歩み値で見られて、それから少し株価が上がった後に株価が落とされていきました。逆に下がった後に大きい売りが見えたが、上がっていた。ここがまず重要なポイントであったと思われる。ここで買い集めをしていたのではないかと考えられる。機関が買いが強いと見せかけ、高値で個人をわざと掴ませて下げて、自分の欲しい株価で買うためです。自分の欲しい株価で大きい売りを一時的にすることで売り板だと思わせる。そして個人が投げたところを拾っていくスタイルのように感じられた。そして、また500円より上で下がって上ヒゲになる形が続いてから、次に陰線が来ました。ここでも同じように売りがどんどん入って来ていました。そして、次が本当に重要なポイントでした。

歩み値から見えたこと

Aimingの歩み値の画像

この最初の陰線の一番の安値の480円から477円で大きい売りが続いたのにも関わらず、その陰線の安値は477円だったことです。ここが本当にポイントだったなと思います!上の写真のような強い成り売りが入ったのですが、下がりませんでした。歩み値の実際の写真はちょっと今回はないのですが、事実です。成りの売りがとても強いはずなのにも関わらず、下がらなかったという事はその値段帯が底であったという事を意味していると私は考えてます。なので、実際それをきっかけにチャートを見てもわかる通りに上がっていきました!

その後の板にも注目でした!

その後の板もとにかく強かったです!強いというのはとにかく成り買いがどんどん入って、売りの板がどんどん食われていっているという事です!これは実際の様子を見ると簡単にわかります!また、この時はunderもめちゃめちゃ強かったです!強い相場はやはり、だいたいがunderが強いです。成り買いで開いたところのどんどん指値が入って来ます!

このような場面を見かけたらどう対処するか!?

これはシンプルです!とりあえず打診で買って買い増ししていくのがベストです!絶対に焦って全部突っ込むのは間違いです!やはり、下がっている時に入れるのは怖いです。なので、打診買いから入るのが良いでしょう!

最後に、、、、、、

今回はAimingからストップ高にいく銘柄の特徴を掴んでいきました!板の動画なのですが、今後何らかの形で公開したいと思っているので、その情報に関してはTwitterで発表するのでTwitterをフォローしていただいて待っていただく形になります!なので、是非フォローしてね!!!!!

ミナティー のツイッターアカウント!

コメント